鬼さん

Fortune Tarot

云鬼

魂という字には、『鬼』という字が入ってます。そして『云』という字は、云うという意味です。つまり『鬼が云う事』、が魂な訳です。だとするならば、2月は節分に「鬼は外、福は内」ってな、余り宜しくないですよね。福だけでなく、鬼も内でないと。これは今までが、魂の声でなく先祖さんの声を聞いて生きる世だったからです。だから魂の声なんかが聞こえると先祖さんの声が聞こえないので、鬼は外だったんです。良い悪いでなく、今までの世はそうしなければ生きれなかったんです。でも今からは、魂の声を聞いて生きなければなりません。

ポイズン

鬼さんは、喉と肝臓に居ます。今回は肝臓でなく、喉に居る鬼さんの話をします。言いたい事も言えない、こんな世の中じゃ♪という事で、言いたい事が言えないというのは凄い辛く苦しい事です。それは時として『己を殺す』と、言い表しても良い位です。喉に居る鬼さんは、何をやるのか。言いたい事を言おうとした時に、喉をキュッと締めるんです。すると言いたい事が言えないと、そういう事です。皆さんも少なくとも1度は、体験した事が在るのではないでしょうか。でも決して鬼さんが悪いという訳ではないので、そこは解って頂きたいです。

こわいぞ

鬼さんは喉や肝臓と言った体の中だけでなく、体の外にも居ます。鬼さんは軍や警察、ヤクザを司ります。という事で、目に見えぬ鬼さん達が常にパトロールしてます。夜の世なら夜の理に反してる奴は居ないか・・・ウロウロと歩き回ってます。で見つけたら、虐める訳です。因みに今は夜の祖の世〜昼の皇の世へ移り換わる刻なので、2種の鬼さんがパトロールしてます。今は昼の皇の鬼さんの方が、多いですがね。そして祖の鬼さんと違い、皇の鬼さんはヘリに乗って上からパトロールしてます。だから皇の理に反すると、直ぐバレて苛められます。

鬼という人

どうでしょうか、今回は『鬼』という目に見えぬ人について書かせて頂きました。鬼さんは、見えぬだけで常に私達の側に居ます。むしろ、私達の体の中にも居るんですから。ただ体の中か外かという点は違っても、鬼さんの役というのは同じ様な感じです。それは、私達を取り締まる事。正しく、見えぬ軍で在り見えぬ警察で在り。また、見えぬヤクザなんですね。当たり前ですが、鬼さんには私達は勝てませんし逃げれません。じゃあ、鬼さんに虐められない様に生きるしかない訳です。だから新しい世の理を、学ぶ意味と価値が在る訳なんですねぇ。

幼い頃からスピリチュアルに興味と関心を持ち、多くの師に仕えつつ学びを深める。 未だ学びの途中ながら、その学びはスピリチュアルの枠を超え多岐に渡った。 その知識や能力をアウトプットする場として、占師という職を選ぶに至る。クライアントの心を励まし、元気が出てくるかの様な占いを得意とする。

コメント

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)