親子丼

Fortune Tarot

素粒子は、子という字が入ってるので子(こ)な訳です。子(こ)には必ず、親が居ます。その素粒子の親を、素粒と言います。そして更に、素粒にも親が居ます。その素粒の親を、素と言います。素が親で素粒が子で素粒子が孫、という訳です。とてもとても、小さな話です。でも日本は、この手の事を研究するべきなんですね。だって日本には、資源が無いですから。資源が無いなら、智慧を絞るしかない訳ですよ。素粒子にしても宇宙にしても脳にしても、もっともっと日本で研究され出すと良いですよね。この日本という国の、未来・将来の為に。

点とは、線と線の交わった所を指します。でも、そもそも点も線も物理空間には在りません。数学的空間・情報空間にしか、無いんです。だって、線には幅が無いんです。そんな幅の無い線と線が交わった訳ですから、点にも大きさは無いんです。でもそんな点が、私達の住む宇宙にはギューギューにパンパンに入ってる訳です。でも量子論の御蔭で今までは数学的情報空間にしか無いと考えられてた点に、大きさが在る事が解りました。その点こそが、素粒子です。これこそが、空間の最小単位。因みに、時間にも最小単位が在る事が解ってるんですね。

宇宙は、割と解明されつつ在ります。でも、人の脳は別です。だってですよ、生きてる人の脳は調べれませんもん。死んでる人の脳なら、調べれますがね。やはり人道的・倫理的な、ハードルが在るという事です。因みに、脳=心です。脳が働いてる状態の事を、心という訳です。ですから、心が弱いとか強いとか無いんです。という事は、心を鍛えるとかもやれる訳が無いという事なんですよね。でも世では、さも心が在るかの様な事が言われてます。それこそが、1種の洗脳です。脳と心は、同じなんです。そして体と魂もまた、同じという事ですね。

体は、小さな魂なんです。子ダマと呼んでも、良いかもしれません。そして子ダマが在るという事は、親ダマも在るという事です。親ダマが本体で、子ダマはデバイスみたいなもんです。子ダマは、死ぬと親ダマに吸い取られます。まぁ子ダマなんて、それ位のもんなんですね。でも、今の生を樂しみ抜いたのならば・・・子ダマは死んでも、親ダマに吸い取られません。まぁ仏教で言う所の、解脱というやつでしょうか。輪廻から解き放たれ、真の自由を得れます。でもその先には一体全体、何が待ってるのでしょうか?謎は深まるばかり、なんですね。

幼い頃からスピリチュアルに興味と関心を持ち、多くの師に仕えつつ学びを深める。 未だ学びの途中ながら、その学びはスピリチュアルの枠を超え多岐に渡った。 その知識や能力をアウトプットする場として、占師という職を選ぶに至る。クライアントの心を励まし、元気が出てくるかの様な占いを得意とする。

コメント

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)