灯明

Fortune Tarot

占師がこんな事を言うと・・・本当の本当に身も蓋も無い話なのですが・・・占いを受けるって、どうなんでしょう?もしも、やるべきかやらないべきか迷ってる事が在るとするならば・・・はっきり言って、迷ってる時点でやらない方が良いでしょうね。真に心の底からやりたい事なら、仮に占師から反対され様が合衆国大統領から反対され様がやるでしょうからね。とはいえやはり・・・迷ってしまうのが人ってもんでしょう。僕だってそうです、迷ってばかりですからね(笑)迷いとは占いとは・・・やるべきかやらざるべきか・・・いや、難しい。

やるかやらないか迷った時点でやるな、はちょっと極論ですよね。迷ったら、他の人の話を聴いてみるのも1つの手です。但し・・・誰の話を聴くのかってのが肝な訳です。プロのコーチやプロの占師、よっぽど信じ頼れる友・・・まぁ、そんなに数は多くない筈です。だからその人達の話を聴いて、決めれば良い訳です。まぁよっぽど変な話でもない限り、キチンと貴方の背を押してくれる事でしょう。裏を返すと、心の底から真に頼れる人以外に、悩みを相談しちゃダメです。役に立たないばかりか、貴方の足を引っ張ってくるのは目に見えてますよ。

仏教には『自灯明法灯明』という、言が在ります。これは『己を拠り所とし、(仏)法を拠り所として生きてきなさい』という意味です。だからこそ仏教を開いた釈迦さんは、呪術や占術を禁じてました。僕は占師なのですが釈迦さんのファンなので、何とも耳の痛い話です(笑)これはつまり、我がの物差で生きなさいよという事です。意識的か無意識的か、人から擦り込まれたり押し付けられた物差で生きるのではなく。但し自己責任で。この1言は必ず付け加えねばならないでしょうね。とはいえ大人なら、わざわざ言われなくても解ってますよね。

色んな考えを持った方が居られますが、自灯明より法灯明の方がレベルが高いと僕は考えてます。但し今は21世紀ですから、法灯明の『法』を『仏法』とそのまま訳すのもアレでしょう。勿論、釈迦さんの仏法は今でもバッチリ使えるのですがね。科学や哲学を含む学問の進歩で、私達がどう生きるべきかが明確に確立しつつあります。それはつまり科学的根拠を持った価値観なので、正しくて当たり前な訳です。これこそが、法灯明でしょう。世の全ての人が、それを学べる。そして、その通りに暮らせる。そんな世が、早く訪れて欲しいもんですね。

幼い頃からスピリチュアルに興味と関心を持ち、多くの師に仕えつつ学びを深める。 未だ学びの途中ながら、その学びはスピリチュアルの枠を超え多岐に渡った。 その知識や能力をアウトプットする場として、占師という職を選ぶに至る。クライアントの心を励まし、元気が出てくるかの様な占いを得意とする。

コメント

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)