占 祓

Fortune Tarot

占いと、お祓いって・・・実はとても、相性が悪いんです。「占いの結果、貴方には悪い霊が憑いてます。だから今の貴方は運が悪いですし、今のままだと更に悪い事が起きます。でも◯◯円で、お祓いを受ければ大丈夫です。」まぁ、これって詐欺師の常套句ですからね(笑)でも占いをやってて「あ、この人には憑いてるな」って解る事が在ります。別に、こちらとしては霊視をしなくてもですよ。意識してないのにパッと視えてしまう事も在れば、何となく勘で解ってしまう事も在る訳です。そういうのって、とてもデリケートなケースに成ります。

まぁクライアントさんの状況を見て、伝える時は伝えますし伝えない時は伝えません。クライアントさんと僕との、信頼度にも依るでしょうしね。まぁ、お祓いも只ではないですからね。そして、お祓いを受けるのは占いを受けるのより値が張りがちですしね。占いってみた所、悪い結果が出ない。なのに現状、クライアントさんの現状が余り芳しくない。そういうケースでは、そのクライアントさんに悪い霊が憑いてる事が多いです。悪い霊に憑かれると、元気が無くなるんですね。元気が無くなれば、当たり前ですが運と呼ばれるものが悪く成ります。

占い等というものは、頭の中を整えて心をスッキリさせる為のものです。決して、宝籤の当たり方が解る訳ではないんです。勿論、そういった力を持たれてる方も居られますが・・・そのレベルの方を、果たして占師と呼んで良いかは解り難い所です。誤解を恐れず言うなら・・・レベルの高い人にとって占いは役に立つものです。レベルの高い人は、我がの現状の確認の為に占いを受けられる方が多いです。レベルの高い人にとって、答えは既に我がの中に在ります。その確認の為に、占いを受けられるんです。ある意味、正しい占いの受け方でしょう。

でもやはり、占いには限界が在ります。占いでは、過去と現状しか解りません。まぁ解ったとして、現状の延長線上に在る未来までですかね。でも現状の延長線上に在る未来に、何の意味と価値が在ると言うのでしょうか。過去も現在も、変えれません。でも未来だけは、私達の自由に創れます。少なくとも、未来にどんなゴールを設定するのかは自由なんですね。それを助けれるもので在るなら、占いにも新たな意味と価値が加えれれるでしょう。道は常に、前にしか在りません。だって私達は運命の従属者ではなく、我がの運命の創造者なのですから。

幼い頃からスピリチュアルに興味と関心を持ち、多くの師に仕えつつ学びを深める。 未だ学びの途中ながら、その学びはスピリチュアルの枠を超え多岐に渡った。 その知識や能力をアウトプットする場として、占師という職を選ぶに至る。クライアントの心を励まし、元気が出てくるかの様な占いを得意とする。

コメント

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)