Fortune Tarot

抽象度を上げるとは、まぁ視点を上げると捉えても良いかもですね。例えばですよ、今でも世では宗教同士で争ってたりします。それこそ、同じ宗教の中で宗派同士が争ってる事も在ります。でも抽象度を上げて考えれば、宗教はそれぞれの教義に戻れば良いんです。それぞれの教義に戻れば、決して他の宗教と争う事なんて起きないんです。今の世では、そんな抽象度の高い考え方を持てる人が求められてます。それは勿論、ビジネスでも同じです。抽象度の高い人は、確かに現場の事は解りません。その代わりに、どんな組織でも巧く回せるんですね。

犬と猫、どちらが好きですか?という問いには、答えれるでしょう。これはあくまでも、個人的な好みの話ですから。でも犬と猫、どちらがかわいいですか?という問いに答えるのは、ちょっと難しい事です。じゃあ犬と猫、どちらが尊いですか?という問いには、もう答えれないでしょう。でも抽象度を上げて考えれば、犬も猫もどちらも命なのだからどちらも尊いという答えが出ます。我が子がかわいいのは当たり前ですし、親は我が子を育てる義務が在ります。でもそれは脇に置いといて、我が子を愛でるのと同じ様に他の子も愛でるべきなんです。

親を尊べ、とは儒教的な考えです。ただパッと聞くと、当たり前の事の様な気がしますよね。でも、じゃあ親だけ尊んでれば良いのかって話です。親を尊ぶのと同じ様に母も尊び、姉や妹も尊ぶべきでしょう。そもそも、儒教は女の人権を認めてませんからね。とは言え儒教も孔子さんが作ってから、かなり歪められてます。キリスト教もそうです、時の権力者に歪められてます。そもそもイエスさんを殺したのは、ローマです。でもそのローマは、民を支配する為にイエスさんの教えを利用したんです。いやはや、世の中って腐り切ってますよねぇ(笑)

差別心は、実は私達の心の中にも在ります。そしてその差別心が、戦争を起こします。個人間の戦争が差別で、国家間の差別が戦争だからです。人類皆兄弟、とか言うつもりは在りません。でも抽象度を上げて考えた時に、我がも人も同じなんです。だから我がを愛する様に、人も愛するんです。但し、自己犠牲は要りません。繰り返しますが我がを愛する様に人も愛するんです、だから人を愛する様に我がを愛しても良いんです。そう考えると、他殺も自殺も変わりません。命を奪うという点ではね。全ての命は等しく、尊ばれるべきものなのですから。

幼い頃からスピリチュアルに興味と関心を持ち、多くの師に仕えつつ学びを深める。 未だ学びの途中ながら、その学びはスピリチュアルの枠を超え多岐に渡った。 その知識や能力をアウトプットする場として、占師という職を選ぶに至る。クライアントの心を励まし、元気が出てくるかの様な占いを得意とする。

コメント

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)