健康第一

Fortune Tarot

中国の仙人とか、ヨガの達人とか・・・高い山の上に住んでて、霞を食ってる印象って在りますよね。つまり健康でいたいなら『酸素』と『栄養』の、2つを減らせば良い訳です。勿論、ゼロにしたら死にます。酸素を多く摂りたくなければ、有酸素運動をしなければ良いんです。栄養を多く摂りたくなければ、食べる量を減らせば良いんです。酸素と栄養を多く摂ってる、スポーツ選手さんを見て下さい。全員が全員とは言いませんが、心も体も健やかという方は少ないのではないでしょうか。メディアが流す情報に、私達は騙されてはいけませんよね。

酸素を多く摂るとスッキリするのは、例えるなら安い栄養ドリンクを飲んで元気が出た様な気がするのと同じです。一時的に、体が錯覚・麻痺してるだけなんですね。そもそも体を激しく動かせば、体の細胞は衰えます。単純な、話ですよね。そもそも味覚とは、口に入れた物が毒か否かを知る為のものです。でも今の世に於いて、毒を口にする事は殆ど在りません。目の前に出された物を感謝して食べれば、それで何も問題は無い訳です。で、量も少なくと。世の流れと共に、私達の体や生き方もレベルアップさせなければならないという事なんですね。

人は共に居ると、ホメオスタシスが同調します。早い話が、体や心の状態が移るんです。クライアントさんの心や体の不調をセラピストが移されたなら、それはセラピストの未熟で済む話ですが・・・セラピストの心や体の不調をクライアントさんに移してしまったなら、それは宜しくない話です。その為にも、セラピストは心も体も健康でなければならないんですね。どんなセラピーも、先ずはホメオスタシスの同調から始める訳ですからね。それはまた、セラピストは幸せでなければならないという事でも在ります。悩みなんか、抱えてちゃダメです。

悟ってない人が、悟りを説いてはいけないんです。私は占師なので、悟りを説いてる訳ではありません。タロットカードを使って占うので、タロットカードの声を、クライアントさんに伝えさせて頂くだけです。でも悟るのって、実はそんなに難しくありません。今の世なら、小学生でも悟りを頭で解れます。後は瞑想でもして、悟りを体験すれば良いだけなんですね。だからこそ今からの世は、悟りのその先を私達1人1人が見い出さねばなりません。昔の人にとっては、悟りはゴールでした。でも私達には、その先を望む自由と権利が在る訳なんです。

幼い頃からスピリチュアルに興味と関心を持ち、多くの師に仕えつつ学びを深める。 未だ学びの途中ながら、その学びはスピリチュアルの枠を超え多岐に渡った。 その知識や能力をアウトプットする場として、占師という職を選ぶに至る。クライアントの心を励まし、元気が出てくるかの様な占いを得意とする。

コメント

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)