ふわふわ

Fortune Tarot

樂しむ

樂しむ事って、とっても大事ですよね。という事で皆様は、人生を樂しんで居られますでしょうか?でも樂しむ事が大事と解ってても、やはり生きてく中でやりたくない事もやらねば成りません。やるべき事、という奴ですね。だからこそ「どうせやるなら、樂しんじゃえ!」と考えれる訳ですが、では樂しむとは何なのでしょうか?答えから言ってしまうと、樂しむとは『事実の交換』の事です。ですからザックリ言ってしまうと、樂しむとは関わるという事です。誰しも人は1人では決して生きてけないとは言いますが、まさにその通りなんですよね。

想像して御覧・・・

例えば今、あなたが着ておられる服。殆どの人は、その服は店で買った物でしょう。という事は、誰かあなた以外の人がその服をあなたに売ったという事ですよね。という事は誰かあなた以外の人が、その店にその服を運んだ物という事ですよね。そして誰かあなた以外の人が、その服を作った訳です。そんな様な事を考えてますと、私達が生きるという事は、それだけで多くの人と関わってるという事に気が付かれるでしょう。こんな様な事を想像力で以ってして考える、すると物を大切に出来ます。つまりこれは、時間を想像するという事なんですね。

もっと想像して御覧・・・

この想像力は、俯瞰力と言います。もっと詳しく言うなら、時の俯瞰力と言います。私達は在る意味、地上に縛られてます。だからこそ自らのレベルアップを望むなら、想像力で以ってして考え方の抽象度を高めなければ成りません。俯瞰力で以ってして抽象度(レベル)を高めると、こんな事にも使えます。今もしも目の前に食べ物が在るとするならば、その食べ物が貴方様の目の前に来るまでにどれだけ多くの人が関わったかを想像してみて下さい。そうすれば自然と食べ過ぎる事が無くなり、ダイエットと呼ばれるものもスムーズに行えるでしょう。

私達の住む世界は、三次元世界だと言われてます。縦・横・奥みたいな、そんな感じです。ではその先は、4次元が有って5次元が有って・・・と考えてる方も居られる様ですね。しかしながら、4次元までしかないという考えも在ります。では4次元とは、三次元プラス時間です。だから時間を想像するんです、では自らの着てる服にどれだけの人が関わってるかを想像した様に。じゃあ4次元より奥は何も無いかと言うと、それは違います。だって奥を想像できる訳ですから。4次元の奥は、無限です。だから私達の想像力には、無限の力が在ります。

幼い頃からスピリチュアルに興味と関心を持ち、多くの師に仕えつつ学びを深める。 未だ学びの途中ながら、その学びはスピリチュアルの枠を超え多岐に渡った。 その知識や能力をアウトプットする場として、占師という職を選ぶに至る。クライアントの心を励まし、元気が出てくるかの様な占いを得意とする。

コメント

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)