Fortune Tarot

氣とは・・・道教では生命エネルギーとされてます。でもこの生命エネルギーは、生命を持たぬ物にも宿ってます。つまり、物にも氣は宿ってるという事です。そして氣には、良い氣と悪い気が在ります。因みに、氣は気では在りません。正しい書き方は、氣なんですね。でも氣という字の中には、米という字が入ってます。だから米を食うと、氣を補えます。後天の氣、というやつですね。氣の米の所が〆に成ってる気という字には、力が在りません。だからスピリチュアリストに限らず、気ではなく氣という字を使われる事を大いにオススメしますよ。

氣には、良い氣と悪い気が在ります。では良い氣と悪い気の違いは、何でしょうか。それはズバリ、その氣が宿ってる物の役で決まるんですね。つまり、その場に要らない物は悪い気を放ってるという事です。逆に、その場に要る物は良い氣を放ってるという事です。休んだり寛ぐ為の場に仕事道具を持ち込めば、その仕事道具は悪い気を放ちます。でも仕事場に仕事道具を持ち込めば、当たり前ですが仕事道具は良い氣を放ちます。要は、ただそれだけの事なんですね。これは掃除術や整理術や収納術にも通じる、基本的な考え方だったりする訳ですよ。

野球のイチロー選手は、我がの使う野球道具を丁寧に扱う事で有名です。これまた当たり前ですが、物は丁寧に使えば良い氣が宿ります。愛着が湧くとか、そんな感じです。つまり大事に扱えば、何でもラッキーアイテムという事です。でも、あくまでもその人にとってはですがね。若しくは我がの好きな人の使ってた物とかは、我がにとってはラッキーアイテムですよね。でも、他の人にとってはそうではない訳ですよ。氣とは、情報の事なんです。その物に宿る、情報。そしてその情報の中には、その物の役・機能に関する情報も含まれるんですよね。

役=機能というのは、人にも当て嵌まりますね。私達は、その場その場に応じた役を果たしてます。その場その場に応じた、機能を果たすんです。仕事場では従業員、家庭では夫。そして子が生まれれば父という役も担う、といった感じですかね。役を果たしてる物や人には良い氣が宿り、良い氣を発します。この世の全ての人と物が良い氣を放てば、この地球上から差別も飢餓も戦争も無くなるでしょうね。我がの役を果たすという事は、人の果たす役も重んじるという事ですから。差別や飢餓や戦争が、そもそも起こる訳が無いという事なんですよね。

幼い頃からスピリチュアルに興味と関心を持ち、多くの師に仕えつつ学びを深める。 未だ学びの途中ながら、その学びはスピリチュアルの枠を超え多岐に渡った。 その知識や能力をアウトプットする場として、占師という職を選ぶに至る。クライアントの心を励まし、元気が出てくるかの様な占いを得意とする。

コメント

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)